システムキッチンへのこだわりリフォーム

機能性やデザイン性に優れたシステムキッチンへリフォームする場合、キッチンの移動を提案する事業所も増えていますが、短い距離での移動に関しても様々な工程が展開されています。リフォームの予算などに関して、多方面からの検討は必須となり、移動距離にかかる費用は殆ど変わらないケースが多く、通常は作業工程によって費用の上げ下げが展開されているため、理想のキッチンリフォームは専門家のアドバイスと見積りでの比較検討も重要です。また近年では、対面式となるシステムキッチンが人気で、素材にまでこだわる世帯は増えています。健康面も配慮したナチュラル素材のサービスカウンターなどが提案されており、和の空間に映える無垢の木材で仕上げるなどのこだわり素材は人気を高めています。ここでのポイントは、キッチンで必要となるキッチン器具や用具のスペースで、水回りのデメリットと言えるカビや湿気など、濡れたモノを置くことを考え、水に強い素材から選ぶこともポイントです。

システムキッチンにリフォームする際の種類

デザインが統一された収納ユニットであれば、空間までもがスッキリさせられる魅力があり、ガスコンロやIHクッキングヒーターなどが一体化されているのがシステムキッチンの特徴です。また、使う人物や内容によって、食器洗浄機や浄水器、オーブンや生ゴミ処理を可能とするディスポーザーなどの機能キッチン機器までも備えることが可能です。リフォームする場合には、ライフプランまでも意識する必要があり、例えば、備え付けてしまうことにより、キッチン機器にはメンテナンスや寿命もあり、家族の人数もライフプランによって変化するため、将来の変化を視野に入れて必要性にも変化が生じることも重要視したいリフォーム時の内容です。また、キッチンをリフォームする場合、カタチにもこだわることができ、動線がスムーズな一直線に並ぶI型をはじめ、前面と背面の2列のカタチや、導線が短い魅力があるL型や独立させたアイランド型は若い世代から人気を集めています。

システムキッチンにリフォームする時のポイント

近年、アイランド型となるシステムキッチンへとリフォームする家庭が急増しています。長く使い続けることを視野に入れる必要があり、食品庫や冷蔵庫などの位置や幅をしっかり確認しながら、ビルトイン食洗機やオーブンの必要性までもチェックします。バックカウンターの作業台や調理家電の収納、レイアウトに便利な内容での組み合わせもポイントです。アイランド型のシステムキッチンでは、食洗機を組み込んでしまうことによっては、調理道具などの収納が確保しにくい難点もあり、ベースキャビネット部分に収納庫を確保するのも1つの手です。背面のバックカウンターの使い勝手にこだわるのもポイントで、多彩な調理を楽しむためにも、シンク横の食洗機やコンロ下のオーブンは使いにくく、使用頻度が下がりやすいためにユニットにビルトインするなどの工夫で様々な利点が得られます。